h.jpg i.jpg l.jpg m1.jpg

ワインついて、またワインが健康に与える影響について、多くのことが語られています。当然ながら量によりますが、特に赤ワインは健康に良い影響を与えます。
ワインの質は化学的な物質、フルーツ、野菜、お茶に存在するレスヴェラトローロに由来します。この物質には血液をよりサラサラにし、善玉コレステロールを増加する効果があります。抗酸化作用には老化した細胞の排除を助け、血圧を下げ、様々な心臓病の発生リスクを軽減する効果もあります。
しかし、私たちが飲むワインは本当に美味しいのでしょうか?それを知るためにはエチケットを読む必要があります。法律上表示が課されているものの中でも、以下の4つのうちどれか1つが表示されていなくてはなりません。
Vino da tavola:テーブルワイン
IGT:地域特性表示ワイン。ぶどうが生産された地域を基準とするワイン。
DOC:原産地統制呼称。法律に定められた全ての規律に従った地域で生産されたワイン。
DOCG:保証付原産地統制呼称。より厳しい規律の基で生産された、生産番号がついたワイン。
美味しいワインは、透明感があり、若いワインの場合はスミレ色がかった色をもっています。そして続いてワインの香りをかぐと、心地よくしっかりとした香りを感じます。最後にワインを口に含み、口の中に溜めておくことでワインのしっかりとしたボディーと味の持続性を感じます。料理法により特性を最大限に高めるよう、ワインと食事をあわせることが重要です。

テレンツィオ・メドリcasino onlinecasino onlinecasino onlinecasino online