3a2.jpg 1a.jpg 25.jpg

2006年の新酒の生産数は15,613,000本で、昨年より1,3%ダウン。また、生産者も345社から331社に減少しています。その中で各州の供給量としては、ヴェネト州が首位を走り(ボトル数の34.5%、総売上高の30%)北部だけでも60%を占めます。

ワインは特に若い女性から人気があります。2006年の総売上は72、893、000円に達する見込み。ワインは常に専門性が広がり、またレストランやホテルより家庭で飲まれることが多いのです、、と《飲み文化》会会長ピノ・カイル氏は云います。また、ノヴェッロワインは全体的な価格の見直し、平均でも2.2%以上、ボトルで4.7ユーロ程度にするべきであると続けます。

イタリアワイン生産の中で際立つのは、ウンブリア・アブルッツォ・エミリアロマーニャ・プーリア・マルケ。
特にウンブリアはノヴェッロの生産が昨年に比べ61.3%もアップ!
この“新酒”の国内生産の70.2%を5つの地方で占めています。(ヴェネト34.5%、トスカーナ12.9%、トレンティーノ10.0%、プーリア5.8%、フリウリ・ヴェネチア・ジューリア5.6%)

イタリアの新酒ワイン生産は、2006年では18、000、000本と、この20年で3倍も成長したのです!casino onlinecasino onlinecasino onlinecasino online